印鑑が大切な理由

銀行に行く時や何か契約書などにサインをするときなどに使用する印鑑ですが、印鑑というのはとても大切なものです。 普段はそんなに使わないという方も多く、宅配便の受け取りはついついサインで済ませてしまうとか、 提出書類はシャチハタで済ませてしまうといった方も多いです。もちろん、普段使いの印鑑は、そのくらい気軽のものの方が良いでしょう。 それでも、大切な印鑑はきちんと適切な方法で保存し、必要なときはすぐに出してこられるようにしておくことは、非常に大切です。 銀行に届け出を出した印鑑は、基本的にその印鑑でなければ使えません。カードの再発行も、口座内容の変更も、印鑑がないだけでかなり面倒なものになります。 住民票などの公的書類を引き出す場合にも、登録してある印鑑が必要になってきます。 なくしてしまえば、手続きが滞ってしまい大変ですし、だれかに悪用されてしまわないよう、 様々な契約内容をストップさせ、ひとつひとつ変更していなくてはいけない手間がかかります。 ここぞというときにしか使わないものだからこそ、大切に丁寧に取り扱う必要があるのです。

個人のものではなく、職場の立場あるものとして印鑑を押す場合も同様です。 印鑑を押したということは、そこに会社なり個人なりで「認めた」という証拠なのです。 ある意味サインより重いこともあります。会社関連のものであれば、失敗はあなた一人のものではなくなってしまいます。 印鑑の重要性について再認識するため、当サイトをお役立てください。

[特集]
・契約書のサインの時に必要になってくる印鑑を作るなら、こちらの印鑑ショップがオススメです >>> 印鑑 ショップ